不動産セミナー30:建てて貸す 学生マンション

不動産セミナー30(動画)
「都市農地の有効活用 建てて貸す 学生マンション 」
をアップしました。

今回は都市農地の有効活用の手法として、
最もリスクが高いといえる
建て貸しについてご案内いたします。

コンサルタントとしては、できるなら
避けて戴きたい手法です。

大きな借金を背負う可能性が高く、
それが間違いなく上手く行く保証は
まったくありません。

人口減少等を勘案すると、
賃貸住宅を安易に建設するという計画は、
明確なターゲットがあるとか、
将来的にも確実なエリア以外では
最も危険な計画かもしれません。
普通の賃貸アパートは最もリスクが高い
有効活用の可能性が高いのです。

しかし、賃貸住宅しか向かない
エリアがある事も事実であり、
その中でも ターゲットを限定し、
小さなマーケットでも確実に借り手が
存在するビジネスを検討すべきです。

万人向けというのは、
逆に言えば何の魅力も無い物といえます。

学生専用マンションという
『少子化社会でどうなんだ』
という気になりますが、
ターゲットが明確で専門のデベロッパーは
大学の動向も把握しているので、
将来的な予想もある程度信頼できます。
原則4年程度で入れ替わるので、
借家権のリスクも小さいといえます。

この場合、見よう見まねでするケースが
危険であるといえましょう。

お問い合わせ、ご質問は
「お問い合せ」フォームを
ご利用ください。

不動産セミナー29:建てて貸す ミュージション

不動産セミナー29(動画)
「都市農地の有効活用 建てて貸す ミュージション編 」
をアップしました。

今回は都市農地の有効活用の手法として、
最もリスクが高いといえる
建て貸しについてご案内いたします。

コンサルタントとしては、できるなら
避けて戴きたい手法です。

大きな借金を背負う可能性が高く、
それが間違いなく上手く行く保証は
まったくありません。

人口減少等を勘案すると、
賃貸住宅を安易に建設するという計画は、
明確なターゲットがあるとか、
将来的にも確実なエリア以外では
最も危険な計画かもしれません。

今回の音楽愛好家のための
賃貸マンションは、
ウィズ・コロナの時代にも
マッチする有効活用の
ひとつといえましょう。

日本の人口の10%近いひと達に
楽器等の演奏を趣味とする方々が存在し、
今後も家で「楽しむ」という要素の
強まりと、コロナ禍の様な
特殊な環境においても、
音楽の持つ力は偉大であったと
再認識しましたよね。

騒音等で決して住環境が優れている
とは言えないエリアでも、
防音効果の高いミュージションは
可能性を持っているといえそうです。

お問い合わせ、ご質問は
「お問い合せ」フォームを
ご利用ください。

不動産セミナー28:建てて貸す トランクルーム

不動産セミナー28(動画)
「都市農地の有効活用 建てて貸す トランクルーム編 」
をアップしました。

今回は都市農地の有効活用の手法として、
最もリスクが高いといえる
建て貸しについてご案内いたします。

コンサルタントとしては、できるなら
避けて戴きたい手法です。

大きな借金を背負う可能性が高く、
それが間違いなく上手く行く保証は
まったくありません。

今回は社会問題になっている
空き家問題や趣味の多様性という
視点を中心に考えて、トランクルームに
着目してみました。

投資額も小さいので、
相対的には投資効率が良い
ビジネスモデルといえましょう。

比較対象は
駐車場経営になると思われますが、
駐車場の需要が少ない所では、
有効な活用方法といえるかも
しれませんね。

基幹的には
10年程度の仮設というイメージでしょう。

お問い合わせ、ご質問は
「お問い合せ」フォームを
ご利用ください。

不動産セミナー27:建てて貸す ガレージ付き賃貸住宅

不動産セミナー27(動画)
「都市農地の有効活用 建てて貸す ガレージ付き賃貸住宅 」
をアップしました。

今回は都市農地の有効活用の手法として、
最もリスクが高いといえる
建て貸しについてご案内いたします。

コンサルタントとしては、できるなら
避けて戴きたい手法です。

大きな借金を背負う可能性が高く、
それが間違いなく上手く行く保証は
まったくありません。

人口減少等を勘案すると、
賃貸住宅を安易に建設するという計画は、
明確なターゲットがあるとか、
将来的にも確実なエリア以外では
最も危険な計画かもしれません。

普通の賃貸アパートは
最もリスクが高い有効活用です。
しかし、賃貸住宅しか向かない
エリアがある事も事実であり、
その中でもターゲットを限定し、
小さなマーケットでも
確実に借り手が存在する
ビジネスを検討すべきです。

万人向けというのは、逆に言えば
何の魅力も無い物といえます。
自家用車の保有率は今後も
下がるでしょう。

ただ、
趣味で自動車やバイクが好きな人が
無くなるわけではありません。

お問い合わせ、ご質問は
「お問い合せ」フォームを
ご利用ください。

不動産セミナー26:建てて貸す モーテル編

不動産セミナー26(動画)
「都市農地の有効活用 建てて貸す モーテル編 」
をアップしました。

今回は都市農地の有効活用の手法として、
最もリスクが高いといえる
建て貸しについてご案内いたします。

コンサルタントとしては、できるなら
避けて戴きたい手法です。

大きな借金を背負う可能性が高く、
それが間違いなく上手く行く保証は
まったくありません。

人口減少等を勘案すると、
賃貸住宅を安易に建設するという計画は、
明確なターゲットがあるとか、
将来的にも確実なエリア以外では
最も危険な計画かもしれません。

モーテルは都市農地だけでなく、
郊外でも一定のエリアで成立する
ビジネスモデルといえ、
ウィズ・コロナの時代にも
対応できる有効活用と考えます。

現在はコロナ禍で自粛ムードが漂う中、
一時的に出店計画を
凍結されている様ですが、
家庭や家族の絆という側面からも
期待ができる有効活用ではないか
と思われます。

お問い合わせ、ご質問は
「お問い合せ」フォームを
ご利用ください。

不動産セミナー25:建てて貸す その注意点

不動産セミナー25(動画)
「都市農地の有効活用 建てて貸す その注意点」
をアップしました。

今回は都市農地の有効活用の手法として、
最もリスクが高いといえる
建て貸しについてご案内いたします。

コンサルタントとしては、できるなら
避けて戴きたい手法です。

大きな借金を背負う可能性が高く、
それが間違いなく上手く行く保証は
まったくありません。

人口減少等を勘案すると、
賃貸住宅を安易に建設するという計画は、
明確なターゲットがあるとか、
将来的にも確実なエリア以外では
最も危険な計画かもしれません。

誰に最初に声を掛けるのか
という事も重要となってきます。

真剣にクライアントの事を
考えるコンサルタントなら、
安易に回答ができないのが本来の姿
といえましょう。

お問い合わせ、ご質問は
「お問い合せ」フォームを
ご利用ください。

不動産セミナー24:生産緑地の有効活用 農業を続ける

不動産セミナー24(動画)
「都市農地の有効活用 農業を続ける」
をアップしました。

今回は都市農地の
有効活用として、
原理原則の農業を続ける
という当然の
お話となりますが、
生産緑地法の一部改正により、
人に貸したり
農作物の販売所が
可能となったり、
農家レストランという
新たな事業の切り口など、
今までの効率的とは言えない
農業の形を変える様な
動きが出てきています。

この中には、大きな可能性を
秘めているものもあれば、
ちょっとどうかなと思える
ビジネスモデルも
ありそうです。

農業に関して
素人がおこがましいですが、
農家が事業家になるリスクは
本来農業を続けるという方向と
違う方向に行く危険性を
孕んでいる様に感じます。

お問い合わせ、ご質問は
「お問い合せ」フォームを
ご利用ください。

不動産セミナー23:番外編 カレッジリンク型シニアハウス

不動産セミナー23(動画)
「番外編 カレッジリンク型シニアハウス」
をアップしました。

都市農地の有効活用
番外編 カレッジリンク型シニアハウス

今回は都市農地の有効活用として、
大規模な活用も考えてみましょう。
個人レベルで実現できることでは
ありませんが、アメリカなどでは
大学構内のシニアハウスで
大学に通う事を目的の
ひとつとしたものがあります。

日本は社会人になると
大学へ通うというような考え方が
世界的にみても非常に弱いようです。

これからの不動産に限らず
有効活用を考える際には、
元気な高齢者をターゲットにした
ビジネスモデルが重要になってきます。

少し大胆で大掛かりですが、
これらを研究している大手商社や
不動産会社は10年以上前からあるのです。

こういう発想も街づくりという観点からは
重要なテーマといえましょう。

お問い合わせ、ご質問は
「お問い合せ」フォームを
ご利用ください。

不動産セミナー22:定期借地編 事業用定期借地

不動産セミナー22(動画)
「定期借地編 事業用定期借地」
をアップしました。

都市農地の有効活用
定期借地編 事業用定期借地

今回は都市農地の有効活用として、
比較的短い事業用定期借地権についての
有効活用を考えてみたいと思います。
期間も20年程度とかで
一般定期借地権方式に比べると短いですが、
将来の活用方法を検討する前段階としては、
ちょうどいい長さかもしれませんね。

住居系の定期借地に比べると、
収入は多くなりますが、
固定資産税等のランニングコストが
農地に比べると大きく増えるので、
注意は必要です。

建設協力金方式等の建物を
地主が建てるケースも在りますが、
万一借主が破綻してしまうと、
大きなリスクになる可能性もあります。

色々な活用方法があり、
今後も色々と現われてくるでしょうが、
長期的な目線を大事にして考えましょう。

お問い合わせ、ご質問は
「お問い合せ」フォームを
ご利用ください。